解体 土木工事のエキスパート  大豊建設株式会社 


木造解体
木造解体は家屋の構造や大きさ、そして作業スペースなどを考慮して手壊し解体と機械解体という2つの工法を使い分けます。
手壊し解体は重機を搬入できない場所や騒音を考慮しなければならない状況で用いられます。この工法は高度な技術力を要しますが、機械解体に比べ騒音が少なく、作業によって搬出される廃材の細かい選別が可能なので、それらを効率的に再利用することができます。
機械壊しは解体用の重機を使用するので、比較的短い期間で作業を完了することができます。ただし、経験豊富な重機のオペレーターが必要となります。また、騒音や粉じんに細心の注意を払いながらの作業が必要となります。
木造解体
鉄骨解体
鉄骨が使用されているマンションやビル等では鉄骨解体工法が使用されます。
この工法は重機による作業が大半を占めますので比較的大きな工事となることが多いです。工事前には近隣の皆様への十分な説明とコンセンサスが大前提となります。
鉄骨解体
鉄筋解体
鉄筋解体は、建築物内部から外部へという順に作業を進めます。
鉄筋コンクリート構造物はコンクリートと鉄筋が密接に入り組んでいるので極めて高度な技術が必要となりますが、弊社の熟練した作業者が適切な判断を下しながら、安全な作業を勧めていきます。
また、多くの解体材はリサイクルに利用されますので、環境に優しい工法だと言えます。
鉄筋解体
内装解体
テナント等のリフォーム前には内装解体が必要となります。
基本的には手壊し作業が中心となりますので、内部の痛みが激しい場合も周辺部分の影響を最小限に抑えることができます。
完全な原状回復が難しい物件も弊社の技術者が適切な対応を行います。
内装解体
斫り工事
カーポート、物置、ガレージ等を地面に固定するためには支柱を埋め込むために地中を削らなければなりません。
これらに関する作業の総称を斫り工事と呼んでいますが、技術力の差が現れやすい工事となります。
私どもでは迅速で丁寧な作業を心がけていますので、お気軽にご連絡下さい。
斫り工事
アスベスト対策
以前に建設された建設物の老朽化とともに、それに付随するアスベストによる健康への影響が心配されています。
アスベスト除去作業は飛散防止マニュアルに従い、手作業で丁寧に行われます。
また、作業後に関係者の身体についてしまうアスベストについても完全な除去を徹底しています。
アスベスト対策
お問い合わせ

PageTop


Home | 解体工事 | 土木工事 | 外構工事 | 近隣の皆様への配慮 | 解体工事の流れ | お問い合わせ | 工事実績

よくあるご質問 | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | 新着情報 | サイトマップ